読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yoshiaki-FigLeavesのブログ

組織/アプリ/テクノロジーについて書いてきます!

Facebookのザッカーバーグが毎日同じシャツを着る理由: 意思決定とエネルギー消費

昨日、弊社の共同代表と一緒に歩いて話してたんですが、「脳のエネルギーの消費」について話しました。 なんでそんな話をしたかというと、FBのザッカーバーグが意思決定を減らすために同じT-Shirtsを着るけど、その意思決定ってエネルギー量として小さすぎる…

目標を定めないことが大事な理由: 日本人は改善が得意なのか?

昨日、「将来どうなりたいですか?」と聞かれたんですが、将来どうなりたいですか?って難しい質問ですよね。 自分は起業したくて、自社サービスをメンバーと一緒に出したくて、世界を変えるような事がしたくて、今それをやっているんですよね。で、5年後に…

インターンが重要な理由: 就活する前に考えたい事

2015年の新卒一括採用が佳境を迎えています。多くの会社がガンガン面接を実施し、街にはスーツの子も。暑いから私服にすればいいのにとは思いますが。笑 就活といえば、ですが、旧帝大や早慶、MARCHに行った優秀な地頭を持つ学生たちが、一斉に面接を受け、…

テクノロジーの進化と変化のスピードについて

昨日は久しぶり「ビジネスモデル分析術」という本を読み返しました。内容としたはビジネスモデルが似通っているようでまったく違う会社のビジネスモデルを分析しているような本です。 <a href="http://www.amazon.co.jp/ビジネスモデル分析術-数字とストーリーでわかるあの会社のビジョンと戦略-望月実/dp/4484132141" data-mce-href="http://www.amazon.co.jp/ビジネスモデル分析術-数字とストーリーでわかるあの会社のビジョンと戦略-望月実/dp/4484132141">Amazon.co.jp: ビジネスモデル分析術 数字とストーリ…</a>

【学歴社会】家庭環境と知能指数の相関性

学歴社会批判 学歴社会とは、人間の社会的地位や収入さらには評価までもが学歴によって決められるという社会のことである。学歴による出世や賃金の格差、世間の見る目の格差などが決まるような世界です。 で、この学歴の話をすると、特に人材系の会社の人が…

シュレディンガーの猫: くさやの味は食べた人にしかわからない

こんにちは。昨日、社員と話していて自分がいかに人の表面しか見れないのか、と反省してます。 1名、採用した子が、「営業をやりたい!」ということで、能力はともかく熱意だけはあったのでそこを買って採用してみました。 ところが入ってみると、これが鳴…

【挑戦を許容する為に】日本の社会主義的システムと起業

先日は社長の集まりみたいなのに参加してきました。基本的に私服で活動をしているので、その日ももちろん私服です。 その会ではスーツを纏ったおっさんが集まって話しているんですけど、みんな聞いてくるわけです「君はなぜ私服なんだ?」「こういう時は普通…

戦争と人類の進歩について考える: 21世紀のイノベーション

こんばんは。 今日はシビアなテーマですが、戦争について話していこうと思っています。先日あるイベントで「戦争の是非について」を話題にしていました。 面白いのは、「みんなが戦争に反対している事」でした。当たり前ですが、戦争は犠牲が伴う、だから戦…

組織において大切なことはなにか?

こんばんは。先日、取引先のお偉いさんからこんな言葉をいただきました。 「組織なんてものは結局宗教化されたほうが強い。別に俺は信じてないけど、宗教を馬鹿にする奴には腹が立つ」 この論は個人的には非常に面白い命題で、自分も組織を運営していて、「…

情報の捉え方について考えてみた 〜ラーメン屋から宇宙ロケットまで〜

こんにちは。 久しぶりにブログを書いていこうと思うのですが、今日はスケールによって見えるものが全く違うことについてです。 先日、宇宙起業を目指す友人と会ってきたのですが、彼曰く 「宇宙ビジネスも地上でのビジネスも同じで、そこにどんなニーズがあ…

習慣化のコツ 〜目標達成の為の行動科学マネジメント〜

物事を継続する事は難しいと思います。継続は力なり、というのは本当にそうで、世の中の突出した人材の多くは、ある1つの事にリソースを割き続ける事ができる人だと思います。 継続する事の中には、様々な事があります。「早起き」「ダイエット」「勉強」「…

ソーシャルゲームに課金する人の心理 ーゲームを消費する事に意味はあるのか?ー

昨日はスマホゲームのベンダーさんと話してきました。そこで聞いたのは「現代人のスマホゲーム依存」です。 ゲームにハマる現代人 ゲームにハマる現代人、としましたが、別にはまっているというか、スマートフォンのおかげで常にゲームを持ち歩けるようにな…

海外の宇宙産業について ー宇宙産業の国際比較ー

宇宙について書こうと思います。日本の「ものづくり」文化は素晴らしく、韓国が宇宙で足踏みしている中、日本が宇宙について先を走れるのはマーケティング視点よりも、技術視点が発達していたからだなぁと思います。 で、今回はこれまでは日本での話題がほと…

True View広告はこれだけ! ーYoutube広告の効果、仕組み、用語から制作までー

フェイスブックも参入!WEB動画広告がテレビCMに取って代わる時代到来!?(瀧良太) - 個人 - Yahoo!ニュース こんにちは。 2015年もようやく第一Qが終了しましたね。弊社の動画制作及び動画広告事業もなんとかかんとかやってきました。 さて、動画広告…

ディープリンクの可能性 ーNewspicksにみるアドテクの新潮流ー

ディープリンクとは何か? Circuit(サーキット) - ディープリンク最適化ソリューション 最近、スマホ業界をディープリンクが賑わしています。 ディープリンクとは例えば、Facebookでニュースアプリを開いた際に、特定したページにきちんと飛ぶ事を言います。…

シェアリングエコノミーの潮流

日本でも最近もてはやされているUBERのように、「モノを共有する」という行為はかなり一般的になってきましたね。 最近では、Airbnbも日本では流行してきました。では、シェアリングエコノミーって具体的に何かを話していこうと思います。 シェアリングエコ…

なぜ人は変われないのか ー脳科学と人間学ー

脳科学はまだまだ解明しきれていなくて面白い。弊社のプロジェクトで「モチベーションとは一体なんなのか」というプロジェクトを行なっていす。 そこでなぜ人が習慣化出来ないのか、を少しだけ紐解いてみたいと思います。 脳の特徴を掴む 本能を掴む まずは…

「忙しい」という人間は捨てる事を覚える事が大事。

小さな会社を経営していると感じている事があるのですが、仕事で成果を出すのは時間ではなく、明らかに思考です。結果を出す為の公式を因数分解してみると、 行動量(時間 × 情熱 ) × 行動の質(何をするか^n × 効率性) こんな感じでしょうか。 特に大事な…

営業を体系的に学ぶ(顧客理解編): 情報化社会での営業

こんにちは。 大前研一さんの講演を初めて聞いたのですが、前から感じていた事が納得いったので、営業学について書いていこうと思います。 Salesは誰もに必要な能力で、汎用的に使えるスキルです。日本には営業学という学問が存在しないのであまりピンとこな…

Google、Facebookも投資する宇宙の可能性

こんにちは。 宇宙には現在大きなお金が集まっています。 先日、イーロン・マスク率いる SpaceXはGoogleとFidelityから10億$(約1兆1760億円)の資金調達をしました。 &amp;amp;amp;lt;a href="http://japanese.engadget.com/2015/01/20/spacex-google-10/" …

日本の宇宙ビジネスの問題点とその必要性について

2月16日の日経ビジネスに 安倍政権、宇宙の安保へ「手形」を切る:日経ビジネスオンライン という記事が出ました。 同紙によると、「安全保障を目的とした宇宙開発へ」というのが本旨のようです。軍事の為の宇宙産業がより本格的に動こうという事ですね。 日…

LINE@の可能性について

2月13日、LINE@がいよいよ一般に公開されました。 ビジネスや情報発信に! 誰でも利用可能なオープンなLINE、LINE@アプリをリリース FBのグループのように「起業家志望」や「ベンチャー」みたいな括りで、独自のグループを不特定多数の人と繋がる事が出来る…

日本の宇宙産業が遅れている理由(政治編)

こんにちは。 ハイパーエイトの五十君さんという方と先日会いました。かれは自分が会ってきた人間の中でもずば抜けて面白い人間です。 自分は100兆円の企業を創りたいんですよ。でも日本では宇宙ビジネスはやりづらい。だから海外に行くんですよ。アメリカに…

宇宙ビジネスの種類とその可能性

こんにちは。 Fig Leavesという会社では将来的に宇宙に関わるビジネスをやっていきたいと思っています。じゃあ、宇宙ビジネスってのはなんだ?ってのを簡単にまとめていこうと思います。 宇宙ビジネスが注目 まず宇宙のビジネスがなぜ今になって注目されてい…

株式会社Fig Leavesについて 

こんにちは。 株式会社Fig Leaves代表の岸です。 弊社は2014年11月にできたばかりのいわゆるベンチャー企業です。約半年経過で売上高は1億程度まで伸長しています。まだまだこれからの可能性を模索していますが、まずは会社の事を知ってもらいたいともいま…